お客さまのお問い合わせの多い ココ山岡のお品物について
ダイヤモンド買取のリファウンデーション
>
ダイヤモンド買取価格について
>
ココ山岡のお品物について

ココ山岡のお品物について

「ココ山岡のダイヤモンドは買取は可能なのか?」と言う質問をお客さまより多く頂いております。答えは「YES」です。強引な商法で有名、そして破産の道を歩んだココ山岡。実際にリファウンデーションで買取査定を行った事例を含め情報の公開をしております。

ココ山岡とは??

1980年代後半から1990年代初頭にテレビCMやクイズなどの景品等でよく見かけた"ココ山岡"。街頭に女性店員を立たせて勧誘したり、一定期間後に販売価格で買い戻すと言った特約を付けて販売するなど独自の商法を行ったジュエリー会社です。半ば強引な接客でショッピングローンを組ませたり、後期では債務超過に陥りながら特約付のローンを組ませるなど詐欺罪等の立件もありました。結局はダイヤモンドの相場は不況などで下がり続け、売上より買い戻しが上回る様になり1997 年自己破産しました。

お客さまの一番多いご質問はココ山岡のダイヤは売れるのか? 本物のダイヤモンドなのか? この質問に関して答えは全てYESです。ココ山岡のダイヤモンドは普通のダイヤモンドなのです。ではどれだけ差があるのか。具体的な例を取ってみましょう。

こちらのネックレスのダイヤモンドは(鑑定後のお写真が無いのが申し訳ないですが)以下のようになりました。

カットグレードがGOOD⇒FAIR⇒POORと2ランクダウンとなっております。

片やこちらのダイヤモンドは、前のグレードが以下のようになりました。

カラーが2つ落ちると言うのは、原因として当時はルース(裸石)ではなく、枠に留まった状態でグレーディングした事が原因の一つと考えられます。
ダイヤモンドはプラチナの様なシルバー色の上であれば綺麗に見え、逆にゴールド製品の黄色の上に置くと、黄色いダイヤの色が気にならなくなり白く見えると言う特性がございます。カットも全方向から見て初めて厳密なグレーディングが出来るのですが、それを敢えてやらずにいる企業体制。当時からそれを狙っていたと言われても仕方の無い事かも知れません。

こちらのネックレスのダイヤモンドは(鑑定後のお写真が無いのが申し訳ないですが)以下のようになりました。

上記2つと同様ルースではなく枠に止まっている状態でグレーディングした結果カットグレードを良く見れていないのが原因となります。お気づきでしょうがカットグレードが殆どが『GOOD』が多いのはそのせい。その上のVery goodやExcellentを出す事が出来ないのです。 そのため、ココ山岡だからと悲観する事なく、しっかりとした鑑別査定人にてお買取り金額をお出しできるリファウンデーションに一度ご相談頂ければ と思います。必ずや満足できるお値段をお出しする事をお約束いたします。

もっと詳しく知りたい、じっくり考えたい、 他と比較したい方はまずはお電話・Eメールにてお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせ 0120-954-679 年中無休/営業時間11:00~19:00
フォームでのお問い合わせ
簡単見積もりはコチラ

今月のキャンペーン

お友だち紹介キャンペーン

メディア掲載情報

LINE@ 簡単!無料査定