お見積もりをする際に 鑑定書の見方
ダイヤモンド買取のリファウンデーション
>
ダイヤモンド買取価格について
>
鑑定書の見方

鑑定書の見方を解説

結婚指輪やネックレス、イヤリングやピアス、ブローチなどのダイヤモンド製品に付いてくる4C評価の付いた鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)の見方を素人の方でも判り易く解説しております。鑑別機関は国内外に多数ありますのでご自分のレポートとの違いを比べてみると売却の際の価格の違いや査定人の説明も判るかと思います。ご不明な点などありましたらフリーダイヤルの0120-954-679までお電話を。

ここでは鑑定書の見方を、どこが価格に左右されるかと言う観点も含めご説明いたします。

実は【鑑定書】ではない、と言う事

厳密に言うと、" 鑑定書" と現在では呼称いたしません。鉱石の中のダイヤモンドのみ色や形の品質評価(4C評価)を提示したモノを現在では" ダイヤモンドグレーディングレポート" と呼びます。
何故か
鑑定書(ダイヤモンドグレーディングレポート)=価格ではございません。鑑定書とはあくまでダイヤモンドの品質評価を表記したモノとなります。
※当ホームページでは判り易く、「鑑定書=ダイヤモンドグレーディングレポート」と、同義語として使用しております。

鑑別書と鑑定書の違い

鑑別所

鑑定書

ダイヤモンドグレーディングレポートの見方

Diamond Grading Report

ここでは中央宝石研究所のレポートを見本とさせていただいております。

①4C評価

カラット、カラー、クラリティ、カットの頭文字"C"を取って4C評価と言いますが、ここではそれに付帯する事もご説明いたします。

カット・形状(shape & cut)

ほとんどの原石は光らず輝きもしていない、傷が多い地味な石となります。そこから輝きを最大限に引き出すために切ったり磨いたりする事を「カット」と言い、外形の呼称を「シェイプ」と言います。
一番多いモノが一般的な円形のもの=ラウンドブリリアントカットです。国内で適応されているGIA基準では、ダイヤモンドの4C評価を全て受けるには、ラウンドブリリアントカットでなければカットグレードを出す事が本来出来ません。

寸法(measurements)

ガードル径=上から見た直径寸法の最小径と最大径に深さをミリメートルにて表記しております。各カラットには必要最小寸法があり、それを満たさないと減額評価の対象となることがございます。

重量(カラット、carat weight)

ダイヤモンドの重さの事で、カラット(ct)で表記されます。1ctで0.2gとなり、非常に軽いのが判ります。勘違いをなさる方も多いですが、カラットは大きさを表す数値ではなく、あくまで重量の事です。

カラー(色、comlor grade)

無色透明を"D"とし、アルファベットで"Z"まで23段階に分けます。これに当てはまらない色を「ファンシーカラー」と言い別の呼び名がココに表記されます。実はダイヤモンドは無色透明なモノより、黄色や茶色を帯びた石が大多数を占めます。金製品にセッティングされるダイヤモンドの価値が低いのは、イエローダイヤが金色で緩和され無色に見えるためです。国内で適応されているGIA基準では、ダイヤモンドの4C評価を全て受けるには、カラーの起源に関わらずD~Zの範囲でなければカラーグレードを出す事が本来出来ません。

カラー・グレード・スケール

DEF GHIJ KLM N ―――――― R S ―――――― Z
無色 ほぼ無色 僅かな黄色味 非常に薄い黄色 薄い黄色 ファンシー
イエロー
カラーダイア表

クラリティ(明澄度、clarity grade)

ダイヤモンドの輝きを妨げる、内包物や表面のキズの状態を10倍拡大で調べ、11段階で評価いたします。

クラリティ・グレード・スケール

FL     IF VVS1     VVS2 VS1     VS2 SI1     SI2 l1   l2   l3
無色 10倍拡大で
発見困難な包有物
10倍拡大で発見が
やや困難な包有物
10倍拡大で発見が
容易 肉眼は困難
肉眼で容易に
発見できる包有物

②カット・形状(shape & cut)

カットの総合評価です。プロポーション(0.1ct以上を数学的数値と目視による)と フィニッシュ( ポリッシュ…研磨状態 と シンメトリー…対称性) を合わせ5段階で決められます。

その他カット評価(others)
プロポーション測定機を使用せず、鑑別機関にて目視で評価する (1)ポリッシュ…研磨状態  (2)シンメトリー…対称性 (3)蛍光性…長波紫外線(3650A)の照射での反応 を表記しております。 (1)と(2)がexcellent、カットグレードもexcellentと評価されたダイヤモンドを 3excellent(トリプルエクセレント)と呼びます。

③プロポーション(proportions)
ダイヤモンドのテーブルサイズ・クラウン角度と高さ・スター高さ・ガードル(山部)の厚さ・パビリオン角度と深さ、 ロアーハーフの長さ、全体の深さをクラウン、ガードル、パビリオンを自動測定機で計測したものをダイヤモンドを 真横から見た図に当てはめて表示します。(真横の図は現在ラウンドブリリアントカットのみ。) その中のガードル厚さとキューレットサイズは目視評価となり、それぞれ8通りの言葉で表記されます。

④その他コメント(others)
人為的照射などの色の改善を目的とした加工や、ダイヤ自体への刻印等必要があれば追記される場所です。 殆どはここは空欄となっております。

⑤ナンバー(No.)
グレーディングレポート番号の事で、ダイヤモンドの全ての情報が記載されている固有ナンバーです。 但し誰がそのグレーディングを依頼した等は外部には教えられないようになっております。

⑥グレーディング取得年月日
現在は右下に数字6ケタにて月・日・西暦の下2桁にて表示されております。

⑦蛍光性

紫外線にどの様に反応するかで現在ではNONE~VERY STRONG + 蛍光色 の5段階で評価されます。
業者間取引にて、蛍光性が強いと "テリを殺す" と言われており嫌われる傾向にあり、現在の国内評価であれば反応が濃ければ濃い程価格が下落致します。
一昔前の鑑定書では 違った表記も御座いますのでご注意ください。

もっと詳しく知りたい、じっくり考えたい、 他と比較したい方はまずはお電話・Eメールにてお問合せ下さい。

お電話でのお問い合わせ 0120-954-679 年中無休/営業時間11:00~19:00
フォームでのお問い合わせ
簡単見積もりはコチラ

今月のキャンペーン

お友だち紹介キャンペーン

メディア掲載情報

LINE@ 簡単!無料査定